医療機器の管理は

医療機器の管理は大事

設置した医療機器の管理

医療機器のうち設置するために特殊な技能が必要と厚生労働大臣によって指定されているものがあります。そのような機器は、同時に保守するために特殊な技能が必要な機器としても指定されています。医療施設は、施設ごとに安全管理責任者と呼ばれる担当を必ず設置する必要があります。その者は、医療機器の安全管理に責任を持ちます。そのため講習会などによって使用対象者に使い方の講習会を開催したり、定期的に行わなければならない保守事項や点検事項などを確認し、実施する必要があります。必要な事項は業者より提供される添付文書で確認することができます。

医療現場における機器の設置

医療機器は、人間や動物の健康状態の把握並びに治療方法や予防方法などをを見出すための重要な役割を担っています。その設置においては、国の認可のもとで、患者の状態に対して正確な診断、判定がおこなえるように、慎重におこなわれなければなりません。医療機器は、医師の診断を裏付ける役割もあります。問診や触診だけでは把握しきれない部分に対して、より詳細な状況を分析しながら、治療方針の中に不足している点、是正すべき点などを見出します。医師の力と合わさることによって、更に患者の回復力を高めることにつながっていきます。

↑PAGE TOP